小池塾について

小池塾は6ヶ月で英語が話せるようになることを目的とした100%オンラインで学習する英語塾です。インターネットに接続されたパソコンがあれば世界中どこにいても学習できます。

全部で6ヶ月(180日)のカリキュラムは3つの期間に分かれています。最初の15日間はスカイプによる個別面談と現状の英語力チェック、受講期間中の目標設定、パソコン環境の確認などが行われます。

次の90日で「英語で基本的なコミュニケーションがとれる」レベルを目指します。小池塾の独自のメソッドをベースに、受講者の進み具合などを踏まえて学習を進めていきます。この時点で「英語ができるようになった!」「英語力が伸びた!」と実感できます。

そして残りの75日はあなたが「英語でできるようになりたい」ことをテーマにオーダーメイドのカリキュラムで学習できます。ビジネスで使える、TOEICの点数を伸ばす、海外旅行を楽しめる、洋画を字幕無しで楽しめるなどあなたが求める英語力を伸ばしていきます。

小池塾は、仕事・家事・学校などで時間に制約がある人が、短期間で一定の英語力を身に付けるのに最適の環境が揃っています。

小池塾の13期は2018年10月15日から開講です。13期で学習をスタートすれば6ヶ月後にはあなたが求める英語力が身につきます。4月の新年度にも間に合うでしょう。短期集中で英語ができるようになりたい人にとって大きなチャンスです。

(返金保証など特典対象)小池塾13期についてもっと詳しく

※上記リンクから小池塾13期に入塾すると返金保証制度など各種特典の対象となります。

小池塾の特徴

小池塾はアウトプットを重視していること。そしてただ「アウトプットが大切!」と言っているだけではなく適切なアウトプットを繰り返して短期間で英語力を高めるための仕組みが用意されています。

無料動画でも解説されているように、小池塾の学習法には通訳学校での教え方が応用されています。とはいえ通訳学校自体はTOEIC800点以上や英検準1級以上などの高レベルを想定しているため、そのまま真似されているわけではありません。

これから英語を上達したい方に合わせて、塾長の小池真由美氏の通訳や英語指導者としての経験を反映した独自性の高いメソッドにアレンジされています。

さらに見逃せないのが小池塾自体のバージョンアップです。小池塾は今回で第13期(※11回目)を迎えます。これまで得られた経験を元にカリキュラムやシステムも改善されています。

例えば第9期からは受講期間自体が3ヶ月→6ヶ月に延長された他、東京大学や青山学院大学などでも利用されている発音検定(株式会社プロンテスト開発)の導入などの新たな取り組みで大きな成果をあげています。

小池塾はライザップに似ている

あなたは最近話題のスポーツジム「ライザップ」をご存知ですか?実は小池塾はライザップと似ているところがいくつかあります。

ライザップ
  • 最新の栄養学やトレーニング法をベースに個別のプランを立てる
  • 毎食何を食べたかを写真にとってトレーナーにメールする
  • トレーニングは週2回だが密度は濃い
  • 結果にコミットする
小池塾
  • 小池塾独自のメソッド+個別の目標と英語力に応じた独自カリキュラムを立てる
  • 毎日スピーキングを録音して添削してもらう
  • 1日の学習時間は約10分だが密度は濃い
  • 結果にコミットする。

といったことろです。どちらも独自性の高いメソッドをベースにしながら個別の目標や現状に応じて具体的手法をオーダーメイドするところ、短期間で結果を出すことにコミットしているところが良く似ています。

6ヶ月で結果にコミット。小池塾について詳しくはこちら

小池塾のカリキュラム紹介

小池塾であなたが学習するカリキュラムの概要を解説します。

エクササイズ

提供される教材を元に1日10分のエクササイズを行います(90回分)。内容はシャドーイング・リピーティング・穴埋め・英訳・実践練習・発音から構成されています。このうちシャドーイングとリピーティングの部分は毎日録音して添削を受けます。

1日10分とはいえ毎日続けるのは以外に大変です。これをしっかりやり切ることが小池塾で英語力を上達させる最大のポイントです。

5文

あなたが書いた5つ英語の文をネイティブが添削します。ここで書く文章は7~10の単語を使った短文です。内容はネイティブレッスンで話したいこと、あるいはネイティブレッスンで話せなかったことです。

英語で書けないことを英語で発音するのは困難です。もちろん聞き取ることもできません。そのため頭の中で思い浮かべるだけでなく実際に英語で考えて文章にしてみて、それを都度添削してもらうことはスピーキングとリスニングの力をつけるのに非常に役立ちます。

5文は小池塾の期間中に合計50回取り組みます。添削は72時間以内に行われフィードバックされます。

ネイティブレッスン

小池塾の期間中にネイティブと会話する機会が16回あります。エクササイズでトレーニングしたことや5文で準備したことを“実戦”の場で使います。

ネイティブレッスンの内容はあなた専用のカルテに評価が記載され、小池塾長と橋本副塾長との面談にフィードバックされます。

一般的なスカイプ英会話とは異なり、何となく喋って終わりにならないので学習効果が高いです。時間は土日を含む6時~23時に予約できます。

※ネイティブレッスンの時間は受講生の希望により設定時間以外でも対応してもらえるそうです。時間に制限があってネイティブレッスンを受けられないことはないでしょう。

塾長・副塾長とのレッスン

受講期間中にスカイプレッスンなどとは別に小池塾長や橋本副塾長とのレッスンが6回あります。このときにネイティブレッスンの添削内容やあなたが感じている学習法の疑問などに基いて学習法の修正を行います。

このようなPDCA(Plan Do Check Action)のサイクルがあるので何となく受講期間が終わってしまうということがありません。

小池塾13期のカリキュラムや講師陣の紹介はこちら

リスニング力を高められる理由

日本人は英語のなかでもリスニングに苦手意識をもっている人が多いです。そのため英語学習というとリスニングが重視される傾向があります。誤解されがちですが英語に限らず自分が発音できない音は聞き取れません。

そのために有効は方法としてシャドーイングやリピーティングがあります。これらは王道の学習法として知られています。ところがあなたの英語力を高める観点から見ると、漠然とシャドーイングなどを繰り返しても期待するほど効果がでないことがあります。

これは何が課題なのかに気がつくのが難しいからです。間違いに気づかずに繰り返し練習をしても英語を話せるようになりません。

そこで小池塾では毎日のシャドーイングとリピーティング(※合わせて10分以内)を録音して添削を行っています。ほとんどの人が最初は気恥ずかしさを感じます。

しかしその都度講師のフィードバックを得ることであなたのシャドーイングやリピーティングの効果が飛躍的に高まります。

挫折しにくい理由

多くの人が勉強しても英語ができるようにならない理由は次の3つです。

  1. あなたの英語力や目的に勉強方法が合っていないから
  2. 毎日の生活の中で継続的に勉強できる仕組みがないから
  3. いつまでにどのレベルに達するか明確な期限がないから

小池塾で2,000人以上が英語に関する目標を達成しているのは、これらの3つ理由が障壁にならないように工夫があるからです。

1.あなたの英語力や目的に勉強方法が合っていないから
小池塾では…個別カウンセリングであなたの英語力や英語で何をしたいのか?目的に合わせたカリキュラムを作成。さらに無駄なインプットを省いたアウトプット重視の学習法で早く効果を実感できる。
2.毎日の生活の中で継続的に勉強できる仕組みがないから
小池塾では…小池塾の受講中の学習時間は最低1日10分でOK。やるべきことが個別に明確に示されているので「どんな勉強をしよう?」と迷うことがない。
3.いつまでにどのレベルに達するか明確な期限がないから
小池塾では…6ヶ月の受講期間後に「英語で○○ができるようになっていたい」というあなたの目標から逆算。定期的な塾長・副塾長との面談で学習計画を見直し6ヶ月の期限での目標達成にこだわる。

現状で英語に苦手意識がある人が“英語ができる”レベルになるには、正しい勉強法を毎日続けて短期間で効果を実感することが一番です。小池塾にはそのための環境が揃っています。

小池塾でTOEICテストの点数は上がるのか?

ご存知のように2016年5月29日開催分のTOEICから出題形式が変更されました。変更のポイントを一言で表現すれば「使える英語」が重視されることです。

今回の変更は小池塾生でTOEICを受験する人にとってはプラスに働くでしょう。より大きく効果が期待できるのはリスニングセクションになりますが、今回の変更からリーディングセクションで追加されるチャットやTwitter上のようなやり取りを想定した設問も小池塾で学ぶことで点が取りやすくなりそうです。

目安としては現在600点レベルの方なら小池塾終了後の試験でリスニングで50~100点の上乗せを期待できます。なおTOEICのスコアアップも目指したい方は受講開始時のカウンセリングで伝えてください。考慮したカリキュラムを組んでもらえまます。

結論:TOEICのスコアアップを目標としている人にも小池塾は有効

パソコンが苦手でも大丈夫か?

小池塾のレッスンや面談は基本的にスカイプを利用します。スカイプはマイクロソフトが提供しているインターネットを通じて通話やチャットができる無料のサービスです。スカイプはイメージとしてはLINEに似ています。レッスンなどの予約は専用サイトから行います。

小池塾で学ぶのに特別なパソコンのスキルは一切必要ありません。これまでもパソコンなどに詳しくない方や高齢の方も受講しています。

小池塾に向かない人

小池塾は短期間で英語が話せるようになるのにとても効果的です。しかし小池塾に向かない人もいます。

1.エクササイズや五文を書く作業で1日10分~20分も英語学習に時間を使えない人、週1~2回のネイティブレッスンの時間がとれない人は不向きです。英語の勉強は必要最低限度の時間がとれるようになったらにしましょう。

2.中学校1・2年生レベルの英語に自信がない人は、小池塾の通常のカリキュラムとは別の対応が必要になる可能性があります。この場合は個別の英語力に合わせて何をすればいいかアドバイスがもらえますが、他の小池塾生よりも学習時間は増えると予想されます。それだけのやる気がない人は止めた方がいいでしょう。

※小池塾13期より中学生レベルの英語が不安な方に「中学英語マスター基礎教材」が用意されています。本当に英語力がゼロの状態でも「英語ができるように成りたい!」というやる気があればチャレンジできそうです。

3.小池塾で学べる内容はアメリカ英語です。イギリス英語を学びたい人には不向きです。イギリス英語が聞き取れなくて困っている人にはあまり効果がないでしょう。なお現在主流なのはアメリカ英語です。一般的に日本で英語を学ぶ=アメリカ英語と考えていいでしょう。

小池塾の口コミ・評判

いろいろな勉強法を試しても続かなくて、声に出してこそ喋れるようになるんだろうと思っていました。それで発音を意識した小池塾の教材に惹かれました。1日10分でOKだと思うとプレッシャーにならなくて続けられます。


海外旅行に行ったときにちょっとしたトラブルがあっても伝え方がわからなくて我慢していました。小池塾の発音の指導は新しかったです。リスニングで聞いている英語と同じように喋れるようになるという実感があります。


黒板に書いてあることをノートに写して和訳して終わりの勉強では、いざ話そうとしたときに英文がでてきませんでした。小池塾のやり方は喋ることが中心だから発音がわかってきました。


海外に友達を連れていってツアーガイドをしてあげたかったのと、講師の仕事を海外でもやりたい、海外の専門家から学びたいとう理由ではじめました。携帯(スマートフォン)でどこでもレッスンできるのがいいですね。短期間で自分はどんな単語は口が回らないのかはっきりわかりました。


私にとっては高額な受講料なので最後まで悩みました。最初はついていくのがやっとでしたが親身なサポートのおかげで格段に英語力が身につきました。同期の塾生との懇親会も励みになりました。

他にも受講生からたくさんの口コミが寄せられています。下記のページでも数件ご覧になれます。また同ページからメールアドレスを登録すると小池塾で学べる内容のエッセンスや指導の様子を確認できる動画を視聴できます。

下記のリンク先では1期~11期の小池塾生が英語で感想を述べている動画が6件と文章による口コミなどが26件の合計32件掲載されています。少し長いですがご覧ください。

小池塾受講生の口コミをチェックできるページはこちら

ページの先頭へ